すまいる教授のエアサイクル講座


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 

春は花冷え、菜種露。ひと雨ごとに暖かくなるとはいえ、まだまだ肌寒い
日々が続くこの時期にもエアサイクルの家の中は心地よい暖かさに包まれ
ています。桜の花が咲くころに「エアサイクルの家」は冬の間、閉じられ
ていたエアサイクラー[床下と小屋 根の換気口]を開け、もうすぐやって
くる夏に備えます。

来る日も、来る日もじとじと降り続く雨、雨、雨。 梅雨の季節は部屋の中
まで湿気が浸透して、結露や カビに悩まされます。でも「エアサイクルの
家」なら回る空気の効果で部屋の中はさらっとした空気感 思いがけなく寒
さの増す日も、快適に暮らせます。

遠慮なく照りつける太陽の日差しが建物を熱し、クーラーも追いつけない
ほどの暑さ。寝付けない熱帯夜は体も消耗してつらい季節です。「エアサ
イクルの家」は風や大地の冷たさを利用して、暑気を鎮め猛暑の季節も室
内をさわやかな清涼感で包みます。

厳しい暑さも彼岸まで。といっても、変わりやすい秋の天気。時折やって
くる残暑の揺り戻しも手伝って秋風の吹くころは、夏の疲れが出て体調を
崩しやすいものです。でも一年中、安定した温度を保つ「エアサイクルの
家」なら安心。もみじが紅く染まるころを目安に、換気口の扉を閉めまし
ょう。

寒さが体にこたえる季節。暖房のぬくもりを逃がしたくなくて、換気がお
ろそかになると、健康を害したり、湿気がたまって結露やカビが出たりし
ます。 又暖房していると部屋としていない部屋の温度差が大きくなると、
お年よりの健康にはちょっと危険です。でも「エアサイクルの家」は日中
のぬくもりを建物の隅々にまわして温度差のない快適な暖かさで住まいを
包みます。


COPYRIGHT(C) 2012YAMAMORI HOUSE ALL RIGHTS RESERVED.